龍神様の絵

Gallery

光の龍神

光の龍神は、以前描いたものを再度描き加えることで完成した龍神様の絵です。以前の作品は文字通り、龍神様が光となり、絵画とすると判別がつきにくいアクリル絵画でしたので、描き終えて一年ほどして手を加えたほうがいいのでは?と感じていた作品でした。今回作成のタイミングを得て、新たに光の龍神様として完成いたしました。
Gallery

水の龍神

龍神様の絵画・水の龍神は、水への敬意と愛をヒーリングアートとして絵画表現したアクリル絵画です
2021.07.04
龍神

タマシイのガイド

タマシイと魂。わたしは、2つの言葉を違いを持って使うことの方が多くあります。詳細は、下記にも書いたことがあります。魂については、人それぞれの感性の中で理解していくことができると思いますが、タマシイについては、人の体を持つ状態では、理解できない位置にあると考えています。あくまで、わたしの感覚での話です。
Gallery

輝水龍

この記事を書き始めて、昨年、RAINBOW LIGHTで行ったクラウドファンディング、関清水神社の井戸のことが気になりだしました。昨年末に井戸を掘ったのですが、その時はあまり水量がなく、春になったら、見てみますと業者の方に言われていたのです。
Gallery

『水舞』

人が命を繋ぐには、水が必ず必要になります。人は、川から水の恵みをいただきます。その川の源流となるのが、森の奥深く、湧き水や水が集まってくる場所。その場所に、龍神様が祀られています。自然からの恵み、水の大切さを知れば、当然のことだと思われます。
Gallery

虹に遊ぶ

わたしの住む滋賀県では、かなりの頻度で虹が出ます。 豊富な水があるからかもしれません。 確か、虹ヶ丘という場所もあったと思います。 虹を見れると、とってもうれしいですよね!
龍神

再び

かつてないほどに、「龍神」に魅かれる方が多くなっています。なぜこれほどまでに龍神様を大きく取り上げられているのか、不思議だと思う方もいらっしゃるでしょう。
龍神

光を与えん

ヒカリは、陰と陽に分かれる前。ゼロポイントのエネルギーとも言えます。この世は、陰と陽、光と影、善と悪など、相対性があります。ヒカリの世界では、陰と陽は一つのもの。良いも悪いもなく、ただ、ヒカリ。ヒカリの龍は、バランスをもたらします。
龍神

浄化する水の龍神

『浄化する水の龍神』水は、流れがあってその清浄さを保つ。流れは、多くのエレメントからエネルギーを託され、あらゆる生命に注がれる。流れを作り、清浄さを保つのが、水の龍神。水の龍神が創り出す流れは、宇宙のサイクルにも等しく、全ての存在に愛を注ぐ。
龍神

ヒカリの流れ

HIDEKIの龍神絵画、『ヒカリの流れ』。 ヒカリの流れに乗りたい わたしの本質は、ヒカリを求める  わたしの生まれた場所には ヒカリが満ち、愛が満ち 存在する歓びに満ちている  人であったとしても その記憶は、確かに存在し わたしを勇気づける 更なる輝きを増すために わたしは存在する  
龍神

楽園の守護者

この地球は、愛の星多種多様なエネルギーが存在しながらも調和を保とうとする。わたしたちの一人一人の心が平和を左右するその陰で、わたしたちを守護する存在がある人が目にすることはない。-HIDEKI作:龍神の絵、ヒーリングアート、スピリチュアルアートから
Gallery

光る水

水は、命の源。龍神は、命のエネルギーを巡らせます。光と水は、人にとっては、同一のものと言えるかもしれません。龍神様は、存在のエレメントを司る、愛の存在。HIDEKIの描く龍神は、愛の存在=龍神として現れます。ヒーリングアート、スピリチュアルアートとして、HIDEKIの絵は、心の奥底に響く愛のカタチです。
龍神

北辰に座す

北辰とは、北極星の事を言い、中心、という意味合いがあります。天空に輝く北極星は、わたしたちの暮らしの中で、かつて、基軸とされてきました。旅には、必ず必要となる印となります。物質を基調とするこの世界の中=黒、わたしたちの心の指針=白龍神様。この世界でわたしたちの心の指針となる「北辰に座す」、と思えませんか?
Gallery

水神様

このアクリル画の作品は、ご覧いただくように龍神様が描かれておりますが、その下部には、何やら説明書きのような文字が見て取れると思います。この作品を個展で展示していた時に、「何と書かれているんですか?」と質問されたことがありました。
考え方

龍神の絵

エネルギーとしての龍神様は、わたしにとってはとても心地が良く、我ながら素晴らしい龍神の絵画だと感じられるのですが、個展などでいろいろな方に観ていただくと、どうも龍神の絵画をそのように感じていただける方は、少ないようで、アクリル絵の具で描かれた龍神の絵に魅かれる方はあまりいませんでした。どのように、龍神の絵画を表現するかは、ひとつの課題でもあったのかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました