エッセンシャルアート

エッセンシャルアート エッセンシャルアート
Gallery

Trinity- Family

Trinity- Family 『Family』 聖なる家族 わたしは、父と母から産まれた 母の愛と父の愛 父と母と私 三位一体となり、愛を育む 父から母 母から父 父から私 私から父 母から私 私から母 ...
Gallery

Trinity- Hope

希望、それは誰しもが心の持つ、光、なのかもしれません。希望、願望、切望。望みは、様々なレベルであります。個人的、社会的、宇宙的。そのいずれも、やはり核となるのは、三点となるかもしれません。その三点とは、意志と行動と思考。
2020.10.27
Gallery

祝福

この作品は、龍神様を正面から見たような作品ですが、実は正面から龍神様を描くことができたのは、今年、2020年から。正面からの龍神様の意味としては、円のパターンの意味として龍神画の方で説明させていただいたことがあります。
ヒーリング

マナカのヒカリ

この作品の制作は、「今必要とされる絵を描く」と意識して描き上げた作品です。作品自体は、描き上げてからしばらく保管され、描いたことも忘れていたのですが、それから数カ月後、個展のためにどの絵を展示するか迷っていた時に、思い出したように引っ張り出して展示しました。
神性

MARIA

「マリア様の絵を描こう!」と思い、マリア様のエネルギーに意識を向かわせます。段々とカタチになってくる間に一つの想いが。。。それは、マリア様という、エネルギーに時代が負わせてきた重荷みたいなものでした。聖母としてのイメージは、過去から多くの方々が様々に持っています。愛と慈愛の象徴としてのイメージが一般的です。マリア様というエネルギーに近づいていこうという方もいらっしゃいますが、そのエネルギーにすがることで心の支えとされる方もいらっしゃいます。
オーダーメイド絵画

龍神様の依代

龍神護符は、ストレートに龍神様という意識総体に意識を向け、お任せ状態で描き上げるものなのですが、その描き方とほぼ同じ状態で、龍神画は誕生いたしました。この龍神画が、以前ご紹介したことのある、「神的なエネルギーの依代」としての位置づけにふさわしい作品となっていると思われます。
2020.07.07
天使

天使の行進

天使の絵わたしは、天使を見たことはありませんが、こどもの頃にみえていた、という方に時々にお会いします。西洋文化では、天使は、神の使いとして様々なことを行うとされていますけど、その性格は、様々ですよね。とても人間的な印象を受けます。日本の神話も然り、とても人間的な印象を受けます。実際のところはどうなのかわかりませんが、天使像としてのイメージで語られることは、人の想像を超えることがないように思います。奇跡にしても、人の願望であったり。。
神性

『遍く広がる愛』

「人生の終盤にあれをやっておけばよかった」と思いたくない。このことを友人たちと話をした記憶があります。「年をたくさん重ねたときに、いままでの人生を反省することになることはなりたくないよな」「人生の終盤に自分の人生は何だったんだ?って。こんな気持ちにとらわれると悲しすぎる」など、話していた時期があります。
龍神

聖なる神殿の守護者

人には、最も大切とされる場所があると感じています。それが、内なる聖なる神殿。この場所は、わたしたちひとり一人のタマシイの核なる場所です。この場所の全体像は感じ取れても、その景色は、わからない方が多いかもしれません。わたし自身もその全貌は見えませんが、最も大切な心の場所という事は理解しています。
2020.03.31
龍神

水の龍神

『水の龍神』   水は、流れることで その清らかさを維持する     持って生まれた質は 変わることなく わたしたちの核をなす   見かけがどう変わろうと 変わらないものがある   純粋なタマシイの質は 様々な変化を経験...
ヒーリング

Life Delights

『Life Delights』-ヒーリングアート-あなたが人として存在していること、それこそがまず、祝福されているということ。人の身体を維持するには、様々なレベルでの愛の協力関係が必要なのです。生命は、歓びの中で誕生します。ヒカリからカタチある姿へ、愛の光に包まれながら、この世界へ誕生します。
2020.02.27
ヒーリング

宇宙光華

宇宙光華 宇宙に光り輝く、光の華。 わたしたちのタマシイの輝き。 誰もが本来の光を取り戻すことができれば、 世の中も、光り輝く 愛と慈愛に満ちた世界となる。 穢れを知らぬタマシイは、 愛の共感を呼ぶ。 あなたがあなたになれば...
龍神

真名井

真名井とは、奇麗な水に付けられる名称では最高の敬称なのだそうです。真名井という言葉を聞いたことはありましたが、意味は今まで知りませんでした。日本書紀と古事記に天の真名井としての記述があります。真名井が気になる方は、知らべてみてくださいね。
神々のヒカリ

多賀大社

主祭神: 伊邪那岐命; 伊邪那美命所在地: 〒522-0341 滋賀県犬上郡多賀町大字多賀604古くから「お多賀さん」の名で親しまれ、「お伊勢参らば、お多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」や「お伊勢七度、熊野へ三度、お多賀さまへは月参り」で聞いたことがあるかもしれません。中世から近世にかけては、伊勢や熊野と並び、たくさんの庶民の参詣で賑わったそうです。
龍神

光る水

水は、命の源。龍神は、命のエネルギーを巡らせます。光と水は、人にとっては、同一のものと言えるかもしれません。龍神様は、存在のエレメントを司る、愛の存在。HIDEKIの描く龍神は、愛の存在=龍神として現れます。ヒーリングアート、スピリチュアルアートとして、HIDEKIの絵は、心の奥底に響く愛のカタチです。
タイトルとURLをコピーしました