アマツチノアイ

龍神画アマツチノアイ Gallery
龍神 アマツチノアイ
『アマツチノアイ』


 天地に巡る、愛のヒカリ

 その流れは、龍となり

 時に、わたしたちの目の前に、その姿を現す


 天然、自然の中では

 循環は、常にあり

 小さな波、大きな波を繰り返す

 サイクルは、様々な周期を持ち

 ゆりかごのように命を揺らす


 龍神とは、自然の中に見る

 愛の現象

 雨となり、風となり、人なり

 地球に愛を巡らす

 わたしたちは、大きな愛のサイクルの中に存在し、

 生命を謳歌する




スポンサーリンク

アマツチノアイ|龍神画 作品 データ

☆龍神画データ☆
タイトルアマツチノアイ
素材紙にアクリル絵具他
原画サイズA3(297×420mm)
作成2021年9月
作品属性 龍神

下記より、ご購入いただけます↓

アマツチノアイ
素材 :紙にアクリル絵具他 原画サイズ:A3(420×297mm) ☆額付き、大衣額マット付、送料込み。 額縁色は、当方選定となります。

銀行口座振込も可能です。CONTACTよりご連絡ください。

  • 龍神画アマツチノアイ
  • 龍神画アマツチノアイ
  • 龍神画アマツチノアイ

自然の氣 龍神

龍神は、どのような存在か?

人それぞれに在ると思います。

私の感覚では、龍神は、大自然のエネルギー体で多数ある姿の中でのひとつの姿。そんな説明になると思います。

昔の方々は、大自然に恐怖と感謝の念を共に併せ持っていたと思います。特に水は、生命活動にはかけがえのないものとしての位置づけがあります。水は、恵みをもたらし、多すぎれば、災害をもたらします。

自然は、人の力ではどうにもならない、お任せするしかない対象でした。現在では、様々な工夫をすることで水をコントロールする術を少しですが、覚えました。しかし、依然、自然への畏怖はあります。

感謝と畏敬の念が、龍神としての形を生み出したのかもしれません。

大自然への感謝と畏怖。
この気持ちは、いつの時も忘れずにいたいものです。

自然は、生命に分け隔てなく、恵みと過酷さを与えてくれます。
その基盤は、愛、だと思います。
愛は、心に厳しくもあり豊かさも与えてくれます。

変化を促してくれます。

タイトルとURLをコピーしました