HIDEKI

ヒーリングアート/スピリチュアルアートとメッセージ

人の歓びの向こう側

宇宙語のようなものと幾何学図形で構成される、ヒーリングアート/スピリチュアルアートとメッセージは、描き手にも意味が分からないこともしばしば。 しかし、、そのエネルギーを感じ取ることで言葉にすることが可能となってきました。
2021.07.07
ヒーリングアート/スピリチュアルアートとメッセージ

目に映るもの

スピリチュアルメッセージ 目に映るもの あなたの目に映るものは、美しいですか? こう聞かれて、「はい」と答える人は少ないでしょう。 目に映るものは、色や形を認識したうえで、 心で消化し、判断を下します。 その時その時で、真っ白な気持で判断を下せればいいので...
2021.07.07
Gallery

光の龍神

光の龍神は、以前描いたものを再度描き加えることで完成した龍神様の絵です。以前の作品は文字通り、龍神様が光となり、絵画とすると判別がつきにくいアクリル絵画でしたので、描き終えて一年ほどして手を加えたほうがいいのでは?と感じていた作品でした。今回作成のタイミングを得て、新たに光の龍神様として完成いたしました。
Gallery

水の龍神

龍神様の絵画・水の龍神は、水への敬意と愛をヒーリングアートとして絵画表現したアクリル絵画です
2021.07.04
神性

MARIA

「マリア様の絵を描こう!」と思い、マリア様のエネルギーに意識を向かわせます。段々とカタチになってくる間に一つの想いが。。。それは、マリア様という、エネルギーに時代が負わせてきた重荷みたいなものでした。聖母としてのイメージは、過去から多くの方々が様々に持っています。愛と慈愛の象徴としてのイメージが一般的です。マリア様というエネルギーに近づいていこうという方もいらっしゃいますが、そのエネルギーにすがることで心の支えとされる方もいらっしゃいます。
2021.07.03
Gallery

心願成就

紫の龍神様には、その色のエネルギーから様々なエネルギーを繋ぎ、良き方向に導く役割を持ちます。心願成就の龍神様は、紫で描かれています。紫の役割は、幅広く、癒し、調和、柔和、融和、調整、変換などエネルギーを癒しながらも、緩やかな融合に導き、双方にあるエネルギーの融合や活性化に導く力を持ちます。
2021.07.03
お知らせ

ヒカリの柱を描く 絵画教室

イメージや感覚をお伝えする講座でなく、実際に形のある絵画を自らの感覚で制作することで、そのエネルギーが自身の内に通り、エネルギーの受容体を形成することとなり、徐々に定着していき、ヒカリの柱としてのエネルギー、人の本質的な柱となるエネルギーが活性化していきます。
2021.07.03
パステルアート(パステル画)の描き方

通信絵画教室 内容

通信絵画講座でも実際の絵画教室でも、描くことで様々な感覚が味わえるのですが、その感覚は微細で、最初はあまり言葉にできないことかもしれません。何となく、こんな感じ、で描く絵なのですから、言葉にすることは難しいかもしれません。通信絵画教室では、描くと書くを大切にしています。
2021.07.03
神性

ヒカリ舞う

菩薩様と龍が登場する作品を少しずつ描くようになってきました。 作家は年を重ねてくると、表現の題材として神様を選ぶようになる、という事を以前どこかで聞いたような気がしますが、人生で苦楽を深く経験すると多くの方が、神様への思いが強くなるのは自然なことなのかもしれませんね。
2021.07.02
龍神

タマシイのガイド

タマシイと魂。わたしは、2つの言葉を違いを持って使うことの方が多くあります。詳細は、下記にも書いたことがあります。魂については、人それぞれの感性の中で理解していくことができると思いますが、タマシイについては、人の体を持つ状態では、理解できない位置にあると考えています。あくまで、わたしの感覚での話です。
お知らせ

幸せになれる表現 スケジュール

この絵画教室は、絵画がうまくなることが目的でなく、表現が楽しくできることで幸せになることを目的にした、絵画教室です。絵画教室であっても、絵画教室でない、「よりわたしらしくあるため」の教室です。人は、表現できるからこそ健全であります。素直に表現ができることは、幸せであるためにはとても大切なことです。滋賀県大津市で毎月開催しております。
2021.06.26
神性

愛に帰す

観音様、菩薩様のようなお姿に龍。ここ数年で良く描くようになってきたスタイルです。日本では、今でも仏教の影響が色濃くありますが、特に歳を重ねていくと、菩薩様、神様に自然と心が向いていくような気がします。それは、宗教というより、心の安寧を求める先にたどり着く一つの道なのでしょうね。
ヒーリングアート

花鳥風月

パステルアートのサイズは、15cm角でしたので、手軽で飾りやすいサイズです。しかし、描く中で、このタイトルの向こうに広がる世界に触れ、15cm角の中に納まりきれない広大な広がりを感じ、その世界をカタチにしてみたかったのです。描き上げたサイズは、A2(594×420mm)です。
パステルアート(パステル画)の描き方

通信絵画教室での質問 魂・心・直観

通信絵画教室を進めてくださる方より素敵なご質問をいただきました。わたしの感じること、としての事ですのでご参考にしていただければと思います。パステル絵画を描く中で、描き方によっては、様々なことを理解していくことができます。直観で表現することの素晴らしさ、その一端に触れていただければと思います。
お知らせ

個展開催→終了のお知らせ

HDEKI個展 愛のカタチ展 ヒーイングアート展開催のお知らせです。 HIDEKIの原画のエネルギーと美しい色彩を感じていただける機会です! 会場のびわ湖大津館は、天智天皇を祀る近江神宮の参道から琵琶湖を繋ぐライン上にある HIDEKIにとって、馴染みのある場所でもあります。
2021.05.17
タイトルとURLをコピーしました