希望のヒカリ

希望のヒカリ ヒーリングアート HIDEKI作エッセンシャルアート Gallery
希望のヒカリ ヒーリングアート
『希望のヒカリ』


 希望のヒカリは、いつもそこに在り

 わたしたちの意志を待つ

 永遠に輝き続く、愛のヒカリ


 希望を失うことがあるとすれば

 それは、人の心が映す幻影

 心が健全であれば、

 希望のヒカリが、わたしたちを導き続ける


 明々と輝き続けるのは、
 
人の心という触媒が作用するため


 希望のヒカリが更なる輝きを増すには
 
人の心、意志が必要です
 

希望のヒカリは、いつもそこに在り
 
わたしたちの意志を待つ

希望のヒカリ|HIDEKI 作品 データ

☆龍神ヒーリングアート作品データ☆

タイトル希望のヒカリ
素材紙にアクリル絵具他
原画サイズA2(594×420mm)
作成2021年
作品属性 ヒーリング
希望のヒカリ ヒーリングアート HIDEKI作エッセンシャルアート
希望のヒカリ ヒーリングアート展示例 HIDEKI作エッセンシャルアート

希望のヒカリ レムリアの青いハートのヒカリ

先日の絵画教室で、レムリアの話になりました。
私には、はっきりとしたレムリアの記憶はありませんが、スピリチュアルなことに関心をお持ちの方には、かなり多くの方が、レムリアの記憶を持っているようです。

一説には、レムリアの時代はかなり長く続いたとのことから、関わっているタマシイもたくさんいるのかもしれません。

絵画教室では、レムリアの時代の終末に近い頃の話になったのですが、レムリアの人々のハートには、ブルーに輝く光があったそうです。
そのヒカリは、喜び、楽しさなど感情の高まる時に輝きが増し、ブルーのヒカリが広がったそうです。

この作品「希望のヒカリ」の背景がブルーであり、それに対してのなぜ?、があったので、この時の絵画教室の話を思い出しました。

わたしの理解では、レムリア期は、意識エネルギーが主となっている、今の時代のように物質に意識が置かれている時代とは違い、カタチのないエネルギーに重きを置いていた時代だと理解しています。そのレムリアの時代には、気持ちの高まり、感情の高まりがブルーのヒカリの輝きになっていたというのは、とても興味いことです。

というのも、今の時代で感情が高まる、という事を色で例えると赤の系統を思い起こすからです。燃え上がるようなイメージを受けます。赤のエネルギーが感情と密接にかかわりがあると思えるのは、今の意識場の特徴なのかもしれません。

赤のエネルギーが激しくなってくると、それは争いや力につながりやすい状態になります。感情の高まりが赤のエネルギーと関係しているのでいつまでも争いが絶えません。

レムリアの時代では、青のエネルギーが感情に連動しているという事は、青は平静や穏やかさと関連しますので、感情が高まることで、より豊かな平安が広がって行くのではと思いました。

人が持つ感情というベースが青のエネルギーと密接な関係があるというが、レムリア期の特徴なのかもしれません。そのベースがあるからこそ、平和な時空間が永きに渡って継続したのかもしれません。

「希望のヒカリ」の作品を描き終わっての感想は、なぜ青色なんだろう?という問いが、今この文章を描きながらも少し理解できたような気持になりました。

新たな時代、今後益々優位になっていくであろう感情の青のエネルギー、希望のヒカリがここに作品として現れてくれたような気がしております。

希望のヒカリ ヒーリングアート HIDEKI作エッセンシャルアート

タイトルとURLをコピーしました