北辰に座す

北辰に座す 白龍神 龍神

☆作品データ

タイトル

素材

原画サイズ

原画販売

作成

作品属性

北辰に座す

紙にアクリル絵具他

10P(410×530mm)

2019.07

龍神

下記よりご購入が可能です。

北辰に座す
素材 :紙にアクリル絵具他 原画サイズ:P10(410×530mm) ☆額付き、大全紙水彩額(マット収納寸法727×545mm)マット付、送料込み。額縁色は、当方選定となります。

銀行振り込みをご希望の方は、絵画 注文フォームにて、ご注文願います。お振込口座のご連絡を差し上げます。

北辰に座す 龍神 北斗七星 北極星

☆こんな方・場所におススメです☆

☆こんな方に

律する
自己統制
謙虚
信頼
自神
自信
清廉

☆こんな場所に

神棚。寝室。玄関。書斎。
重役室。

『北辰に座す』


力強き者

人のあこがれとなることも多い

力への憧れは

支配への憧憬

力を有するとき

意志の揺らぎひとつで 

世界が揺らぐ

  

力を有するとき

清廉さが良き世界を創る

 

愛に裏打ちされた力は、

関わる存在全てに愛を広げる

 

北辰に座す 

愛は、ここから広がる

白龍神

最近描き始めた、龍神画のきっかけにもなっている作品です。

龍神様の依代
龍神護符は、ストレートに龍神様という意識総体に意識を向け、お任せ状態で描き上げるものなのですが、その描き方とほぼ同じ状態で、龍神画は誕生いたしました。この龍神画が、以前ご紹介したことのある、「神的なエネルギーの依代」としての位置づけにふさわしい作品となっていると思われます。

白龍神については、龍神縁起にも書かせていただいているのですが、白=透明の意味合いを強く感じます。

白=透明は、様々な光の色を総合したとき、透明となります。物質の色は、混色していくと限りなく黒に近くなっていきます。

この意味合いからすると、「北辰に座す」の龍神様は、黒を背景に白の龍神様となります。物質的な世界に現れる、光の龍神様。そんな意味合いにとれるかもしれません。

北辰とは、北極星の事を言い、中心、という意味合いがあります。天空に輝く北極星は、わたしたちの暮らしの中で、かつて、基軸とされてきました。旅には、必ず必要となる印となります。

物質を基調とするこの世界の中=黒、わたしたちの心の指針=白龍神様。

この世界でわたしたちの心の指針となる「北辰に座す」、と思えませんか?

この世界、では心の軸、タマシイの意志がしっかり定まっていることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました