三種の神器の意味、鏡・勾玉・剣の意味

遠い昔、神話の話、天孫であるニニギノミコトが天照大御神の神勅を受け、天降るときに授けられた、鏡・玉・剣を三種の神器と言われるそうです。
三種の神器の意味は、様々に解釈されるようで、皇位継承の象徴で皇室特有のものとする解釈や支配者の象徴であるという解釈など、その意味は定かではないようです。確かなことは、三種の神器それぞれが、神霊が宿る、神聖なものとされていることです。

三種の神器

三種の神器の名は、八咫鏡・八尺瓊勾玉・草薙剣と称されています。

八咫鏡(やたのかがみ)

神話では、天照大神が天岩戸にお隠れになり、世の中が暗くなった時、神々が協力し岩戸を少しだけ開け、その時に、天照大神が鏡に映った自分の姿に興味を持ち、外に出てくるきっかけとなった、鏡であると記されています。

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

神話では、天照大神が天岩戸に隠れたときに、表に出てきてもらうために、八咫鏡と共に榊の木に掛けられたと記されています。

草那藝之大刀(くさなぎのたち)

スサノオがヤマタノオロチを退治したときに、尾から出てきた剣のことを言い、天叢雲剣といわれ、その後、ヤマトタケルノミコトが火で囲まれ窮地に立った時、剣自ら草を薙ぎ祓い、ヤマトタケルノミコトが向かい火を付けて難を逃れたことから、草那藝之大刀と言われることとなった、と記されています。

三種の神器の私的解釈

前述までは、現状で歴史学者や古文書などからの解釈を掲載してみましたが、ここからは、私的な解釈となりますので、そんな考え方もあるのかと、心を広く、気軽にお読みください。

 

三種の神器の意味合い的には、神が人の世界におりてきたときに授かった三つの宝ということで間違いはないのかなと思います。人が、神のエネルギー状態とつながった状態でいることのできる、宝、ツールということができそうです。

三位一体は、わたしの感じているところでのすべての基本形ですから、三つであることがとても大切だと思います。八咫鏡・八尺瓊勾玉・草薙剣は、歴史上とても貴重であり、それぞれがご神体として扱われるのも当たり前のことと思います。ただ、この三種の神器という考え方は、特別な人のためのものなのかと思うと、どうも違う気がするのです。神話は、史実ではないというのは、当たり前の解釈だと多くの方が理解するところだと思います。史実は、記する人の主観が、全く無いとは言い切れないからです。モノ見方で現象は、いかようにも変化する可能性があるのですから、昔話の一つの考え方としては、たとえ話に近いもので、その話の中の本当の意味するところは、「何」なのかを感じ取ることが、今を生きるわたしたちにとって重要なことだと考えます。

「上にあるがごとく、下もかくあり」これは、様々なシーンで当てはまるというのが、わたしの経験上での真実なので、三種の神器も人それぞれのものとしてとても大切な、神聖なものではないのかと感じています。
ですから、三種の神器がわたしたちひとり一人にとって、どのような解釈をすればいいのかを考えてみました。

 

鏡は、映すもの。わたしが、鏡を見るときに映るのはわたし。そこに何を観るか?
鏡の法則という言葉は、お聞きになったことがある方も多くいらっしゃることと思います。鏡の法則自体の解釈には、賛否両論、様々にあると思いますが、基本的には、自らをしっかりと見つめるということに異論はないと思います。自らを見つめるには、鏡が必要になります。自分の乱れた髪は、鏡を見ることではっきり認識し、整えることができます。自分が納得して生きようと思えば、自らの行動、考え方をしっかり理解していくことが大切になります。鏡に映る自分の姿をどのようにしていくか、選択することができるようになります。そして、人は、他者との関わり合う中で、自らを深く見つめなおす機会を得ることが多くなります。様々な現象を自らの鏡とすることができます。その修正をするかしないかは、本人次第となります。

鏡、この意味は、鏡というカタチそのもののことではなく、人としての生き方として自らを鏡に映し、どうするか、選択し、変化させることができる、大切な方法ということができます。

勾玉

神話の中で勾玉を利用した記述はなく、榊の木に掛けてあったということで、その意味はよく分かりません。現在の解釈では、様々にあるようです。
遺跡の中かから出土する勾玉も多く、装身具として様々なカタチがあるそうです、マガタマのカタチの由来は、動物の牙、胎児のカタチ、月のカタチ、巴形を模した、魂のカタチ、耳飾りなど様々な説があるそうですが、これという、決まったものはないそうです。神話の八尺瓊勾玉は、とても大きな勾玉の事らしく、その意味には触れられてはいません。何故、天岩戸開きに勾玉が必要だったのか?誰にもわかりません。

わたしの勝手な解釈では、神話の中で語られる三種の神器は、寓話の中の大切なキーワードとしての象徴的な意味合いがあると理解します。
三種の神器の一つの勾玉、人が、神のエネルギー状態とつながった状態でいることのできる、宝、ツールということで考えると、勾玉のカタチの意味が見えてきます。
人としてこの世にカタチを持つ前の意識体としてのエネルギー集合体がわたしたちの元の姿とするとそれは、カタチとすると玉のような状態であると考えられます。それは、この世では、オーブとして目に映ることがあります。人間としてカタチを得るとき、その核にあるのが玉である魂であり、魂が具象化し、胎児のカタチ、勾玉として表わされるのだと思います。

勾玉は、人の魂の象徴であるというのが、わたしの素直な感覚です。

天岩戸開きに勾玉が必要とされたのは、全てを照らす天照大神様の愛を引き出すために、多くの子どもたちともいえる、タマシイに意識を向けてもらいたかったのかもしれません。天照大御神様、神様にとって、人のタマシイは愛してやまない、愛おしくてたまらない存在です。

魂の話で付け加えておきたいのが、神道で言われる、鎮魂と言う考え方です。人の魂は彷徨いやすく、人の身体から抜けやすい性質を持つので、魂を体に鎮める必要があると考えられています。このことを思い出したとき、勾玉の突き出た部分は、身体へのアンカー部分に思えてきました。曲がった部分で体に魂を鎮めることができます。勾玉は、人の身体に鎮まった、魂のカタチと言うことができそうです。

神話の中で、神も人と同じように戦う姿が度々語られます。その中で、剣は、力の象徴となります。草薙剣が、ヤマタノオロチの尾から出てきたという、神話ならではの筋立てなのですが、この隠れた意味を探してみることにします。

神話の中で語られる物語は、国つくりへと話が進んでいきますが、そもそも大和朝廷としての今の日本の基礎となるには、記録にはなくとも、各地域との争いも数知れずあったのかもしれません。この争いがあるという前提での剣の話となると、力の象徴以外の何物でもないので、わたしが考える、「本質」という部分が見えなくなってしまいます。

人の創る物語や、創造物は、本人の意志とは別のところでの、宇宙の意志、地球の意志ともいえる作用が働くことが度々起きています。それは、偶然と言われながら、世界各地で同時に類似の現象が起きることがあります。神話にも作者以外の別の意志が働いていることは、まず間違いはないと思います。でなければ、長きに渡り、わたしたちの歴史、今に残っている必要はありません。本質はどこにあるのかが、とても大切なこととなります。

天孫降臨の時に授けられた、三種の神器は、もっと普遍的な意味合い、宇宙的な愛に外れることなく、精神性に根差したものであるべきとわたしは考えます。その意味で、剣は、力の象徴以外の意味を持たせる必要を感じます。

 

ヤマタノオロチをみなさまはどのような存在と考えるでしょう。
この8という数字は、八方向、つまり全方向への意味合いを読み取ることができます。そして、オロチとは蛇とも言えますが、龍と言い換えることもできそうです。龍は、わたしの感じているところとすると、存在全てのエレメントを司る意識体と感じ取っています。剣はこれらの象徴的な意味で考えることができます。

人の意識が形を作り、現象を起こすという、量子論がこの数年で一般にも知られるようになってきていますが、人の意識は、あらゆる方向に向けることができ、さまざまな現象を引き起こすことさえできると言うことができます。その時にカギになるのが、意識の方向であり、それを、意志ということができます。量子論では、カタチは、人が意識したときに初めて存在します。元は、量子であり、波動エネルギーと言われています。そして、意志は、宇宙の深淵にまで届くことが可能です。

人として生きていく上で意識の方向をどこに向けるのかで、起きる現象は様々に変化する可能性を持ちます。人の意志は、生き方を決定づけるものでもあります。

 

以上の観点から、ヤマタノオロチの尾から出てきた剣は、人の意志としての意味を持たせたいと思います。人として生きるには、意志をどこに向けるかで、生き方の方向が決まってくるからこそ、天照大神は、ニニギノミコトに意志の象徴である剣を授けたのではないでしょうか?剣は、振りかざせば、天に向かい、天と自分と地を結ぶ、ひとつの系が出来上がります。天地人を結ぶ、その意志が剣と考えることができます。神人ともいえる、ニニギノミコトがエネルギー的に、また本質的に天命を維持するには、天とつながる意志が不可欠であったに違いありません。人であったとしても、天につながる意志を保つことが可能です。タマシイの深淵での意志こそが、天叢雲剣の意味としたいと思います。

草薙剣の元の名は、天叢雲剣と言うそうです。叢は、むらがり、集まるという意味があります。雲は、ご存知の通り、つかみどころがなく、消えたり現れたりもします。量子論で言われる、量子に似ています。雲と言う、つかみどころのないものが、むらがり集まる天の剣の意味は、まるで人の意識が意志となり、天に向かう様子に思えます。

私が絵を描くときは、直観で描くのですが、その時の状態にとても似ています。例えば、「今、必要な絵を描く」と、最初に意志した後、直観で色を決め、感じるままに筆を走らせます。何度もこの繰り返しを行っていくうちに、だんだんとどこに向かって描こうとしているのかが自意識として感じられてきます。最初に意志の方向があり、そこに向かってヒカリがカタチになっていく様は、天叢雲剣の文字が現わす意味とよく似ています。

 

 

鏡、勾玉、剣、三種の神器は、天命を生きる重要なもの。

日向神社本殿

少し余談になるのですが、この文章を前章の勾玉あたりまで、描いたときに、理由があって、滋賀県の多賀大社にお参りに行くことになりました。一通り、本殿とその周辺で用事を済ませた後、駐車場に戻り、帰ろうとしたところ、その行く手の奥に神社がありました。日向神社とあります。何となく呼ばれた気がしていってみると、

ナント!!

御祭神がニニギノミコトではないですか!!

日向神社案内の写真

天照大神が、ニニギノミコトに授けた三種の神器。この意味をどれだけの方が興味を持っているのかは、わたしには知るすべもありませんが、「今、必要なことをする」と意志している私からすると、こうして、思いもよらない形で必要なことが起きることを楽しみ、また、必要とされていると、思わせてくださる、大切な出来事でした。

 

三種の神器は、日本人なら一度は耳にしたことがあるほどに、深く浸透している言葉ですが、その意味については、あまり解明されていません。そのことを深く考えてみる方も少ないのかもしれません。
八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・草那藝之大刀(くさなぎのたち)をわたしたちが見ることはないかもしれませんが、鏡・勾玉・剣の三種の神器として、ここで述べた、私的ではありますが、本質的な意味は、どなたにも手にすることが可能です。

人の世界での自分の姿を映す鏡は、自分で自分の姿を見ることができないわたしたちにとって、自己調整するに必要不可欠なものです。鏡は、使い方によっては、自分自身の霊性を限りなく、高めていくことができます。かつての修業は、人里離れた中で真理を見つけることに力を注ぎましたが、現在のように多様なエネルギーが混在した中で、自らの姿を見つめ続け、更新し続けることでかつての修業と言われた方法より、多様性との調和という中で、より多くの学びを得ることが可能です。

勾玉は、現在ではアクセサリーやパワーストーンでかつてないくらいに、人の世に出回っています。そのカタチも様々にあります。勾玉を手にしたことがある方は、お分かりかもしれませんが、現在の人たちがアクセサリーとして身につけるには、少し難しく感じるでしょう。かといって、気になる方も多く、パワーストーンとして身につけられる方も多くいらっしゃると思います。
わたし自身は、自身の手で二回、勾玉のカタチを創る機会をいただいています。間近のカタチは、龍神縁結びとして販売させていただいています。出来上がったカタチは、可愛く、愛おしくなります。胎児のカタチを思わせます。
今まで、勾玉は、タマシイのカタチとして何となく理解していたのですが、この文章を書き進めていく中で、かなり納得できる勾玉の意味を見つけることができました。

マガタマは、御魂鎮めを行った魂。人の身体に鎮められた、タマシイのカタチ。ということができました。このことは、今のわたしにはとてもすんなり受け入れることができる説明です。

 

剣は、この文章を書く前から感じていたのは、直観をもとに生きるわたしにとって、人のエネルギーの受発振アンテナのようなものとして、捉えていました。書き進めていくうちに、剣のもともとの名が、天叢雲剣であることを知り、わたしなりには、今までにない納得のいく意味を見つけることができました。
剣は、人にとっての意志、天に向かう意識、天と人を繋ぐタマシイの意志であり、この世での現象の現われを左右します。

 

鏡・勾玉・剣、この三点を如何に使いこなすかで、人としての天命は左右されるでしょう。人に与えられた、三種の神器をどのように使いこなすかは、自分次第です。

日向神社龍神の彫り物

エッセンシャルアート研究所で三種の神器

三種の神器の鏡は、考え方なのでどなたにも取り入れが可能です。鏡に映った姿をそのように解釈すればいいのかは、人それぞれですが、慣れないとなかなか意味が見いだせないことも多いかと思います。また、三種の神器の剣という意志の向け方、天とつながるエネルギー状態になるには、多くの固定観念を外していかなくてはなりません。人生経験が豊富であると、それが重しとなることもしばしばあります。

固定観念を外すには、直観を大切にしましょう。しあわせになれる表現と題した、絵画教室では、直観を磨く経験が可能です。モノの見方にヒントが、アドバイスが必要な方は、HYM Sessionのご利用が可能です。会社様には、ESコンサルティングがご利用可能です。

三種の神器の勾玉については、この文章を書いている途中で、人の彷徨いやすい魂を鎮めるお守りとして、みなさまにご提供できることができるお守りを思いつきました。
お一人お一人に向けて、勾玉に御魂鎮めのエネルギーを施した、お守りを提供させていただきたいと思います。御霊を鎮め、人の生をしっかり生きる、活力となることを願い、作成させていただきます。後日、MALU Selectionで販売を開始いたします。

こう考えると、三種の神器に即した、天命を生きるための方法をエッセンシャルアート研究所で考えていたのだと、うれしくなりました。

三種の神器は、わたしたちにすでに備わっています。意識すれば、そこにあります。

賛否両論あると思いますが、自画自賛で締めさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

御魂鎮めの勾玉は、
MALU Selection(御魂鎮めの勾玉の販売予定)

鏡と剣の使い方は、
☆しあわせになる表現 絵画教室

☆HYM Session

☆ESコンサルティング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~