目に映るもの

 

 

あなたの目に映るものは、美しいですか?

 

こう聞かれて、「はい」と答える人は少ないでしょう。


 

目に映るものは、色や形を認識したうえで、
 

心で消化し、判断を下します。
 

その時その時で、真っ白な気持で判断を下せればいいのですが、
 

心に素直でないと過去の記憶・経験が、
 

目に映るものに価値を与えてしまいます。

 

人が一度認識し、判断を下したものに関しては、
 

次に同じようなものがあった時に、
 

容易に判断まで下してしまうことが通常です。
 

関連付けが一定の域を出なくなります。
 

 

自分の色眼鏡で物事を見てしまいます。
 

さまざまな物事に、特定のラベル付けをしてしまいます。
 

また、他人の話をそのまま思い込み、
 

見る前からラベルを付けてしまうこともあります。


 

こうなると目に映るものに対しての
 

大きな可能性を閉ざしてしまうことにつながってしまいます。
 

自分のラベルに当てはまらないものは、
 

ないもののとして認識してしまうこともあります。


 

目に映るものは、心の作用で美しくも醜くもなります。


 

目に映るものは、奇跡であるとどれだけの人が思えるでしょう?

 

ある人は、野山をあるけば、あちらこちらで目を引く存在があり、
 

引き止められてしまって、困ってしまうそうです。
 

ここまで行くと大変ですが、
 

わたし自身も、カタチとは奇跡と感じることができます。


 

どんなカタチにしても、カタチになることが奇跡です。


 

心に素直になった時、
 

物事の本当の美しさが目に映ります。
 

 

わたしたち、人は、見ることに重きを置いている存在です。
 

目に映るものの、本質の姿は、
 

素直な心なしでは見えません。
 

 

経験は重要ですが、その経験から何を受け取り、
 

何を次につなげるかが、さらに重要になります。
 

 

目に映るものは、心が良し悪しの判断をしていると覚えていてください。
 

 

素直な心は、美しい世界を見せてくれます。
 

新たな世界へ導いてくれます。
 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA