人の歩み

わたしたちは、肉体を持つ存在でありながらも、

エネルギーの存在でもある。

 

人としての歩みは、多くの存在との関係性の中で築かれていく。

そのことを自覚するもしないも、人それぞれではあるけど、

互いの影響に関しては、避けることはできない。

 

物理的な影響は、

現在の文明として認識していない、

多くのエネルギー域に多大な影響を及ぼす。

だからこそ、人としての感性は、限定的であるともいえる。

 

わたしたちは、人であるゆえに、

感知できる域は限定的ではあるが、

一方で、感知域の拡大の可能性は誰もが持っているともいえる。

 

 

では、人でありながら、神的な域に踏み込めるのしょうか?

 

その質問の前には、何をして神と言うのか?ということがあります。

人それぞれに答えがあるでしょう。

 

神という言葉は、人が作ったもので、

巨大な力、人の知識を超えた知の存在、

いずれにしても人の通常から遠く離れたところに存在する、

イメージの産物といえる。

 

数百年の時をさかのぼれば、

現代の技術を扱う人は、当時の人から見れば、

神の御業と見えるかもしれない

 

人の歩みがさまざまなモノを生み出し続けているけど、

そのモノ自体は、今の言葉で言えば物でしかない。

 

昔の人が何をして神とみなすかと言えば、

文明の技術が未熟なうちは、力への畏怖=神への畏怖。

 

一方で、何をして神とみるか、という問いに

物質的な「力」ではなく、

精神性の深さ、愛の深さに神を見るという人は今も昔もいる。

 

愛と慈愛の深さで世に知られる、

神と同質に見られた歴史上の人はいた。

 

では、現代に生きる私たちの前には!?

 

わたしは、知っている。

 

普通の暮らしを送る人々の中に、

歴史上の愛と慈愛の深さと同質または、

より深くの愛を知る多くの普通の人がいることを。

 

人の歩みの中で、物質的な力に傾倒する流れがあっても、

いや、あるからこそ、愛の深さと広さは、確実に拡大している。

 

人の歩みは、すばらしい。

 

☆ラインアートのダウンロード販売

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA