ヒカリの柱を描く 絵画教室

アクリル絵画の描き方 ヒカリの柱 お知らせ
アクリル絵画の描き方 ヒカリの柱

ヒカリの柱を描く 絵画教室

この絵画教室は、作品「ヒカリの柱」を描くワークショップです。
ご自身のヒカリの柱を具現化しましょう。

HIDEKIの描く「ヒカリの柱」については、こちらをご覧ください。

ヒカリの柱
天地とのつながりを日々の暮らしの中で自覚することで、習慣付けることで、つながりの感覚はわかるようになります。天地とのつながりは、人としての存在にとって基本となることです。人には、皆、天地につながるエネルギーが通っています。時に、そのつながりは弱くなることも、強くなることもあります。この作品は、天地のエネルギーの柱。あなたという、人に通っているエネルギーの柱のカタチの絵となります。

このワークショップでは、基本的に参加者ご自身の直観を基に制作を進めていただきます。

制作過程では、必要と思われるアドバイスと筆入れをサポートしながら進めていきます。
できるだけ、「表現を楽しむ」初回講座に参加した後に、お申込みをお願いします。

ご自身にエネルギーとしてのヒカリの柱を通し、絵画としてのヒカリの柱を表現していきますが、折々、必要な話をさせていただいております。直観、氣のこと、エネルギー状態、エネルギーの循環方法、内容は多岐に渡り、参加される方に合わせて変わってきます。聞き、自ら行動するという、理想的な意識変換の方法です。

ヒカリのエネルギーを自らの意志で通すことで、自らのヒカリは、輝きと強さを増していきます。

ヒカリの柱を具現化することは、自身のエネルギーが天地につながることを確実にしていくことになります。

わたしたちは、目に見える形を重要視する世界にいますが、一方、感覚の世界も大切にします。このワークショップでは、感覚と形、両方にアプローチできる、画期的なワークショップです。そして、HIDEKIの作品制作過程を体験できる貴重な機会となります。

イメージや感覚をお伝えする講座でなく、実際に形のある絵画を自らの感覚で制作することで、そのエネルギーが自身の内に通り、エネルギーの受容体を形成することとなり、徐々に定着していき、ヒカリの柱としてのエネルギー、人の本質的な柱となるエネルギーが活性化していきます。

作品はお持ち帰りいただき、ご自身のエネルギーの指針としていただくことができます。

アクリル絵画の描き方

会場から望むびわ湖

 

お申込みについて

制作時間は、9:30~16:30(休憩1時間を挟み、約6時間)の中で、作品を仕上げる内容となっています。

☆画材は、用意させていただきます。お持ちの方は、ご持参ください。
☆作成絵画は、A4サイズ(297×210mm)、アクリル水彩画となります。

☆お申し込み時に希望日をCONTACTにてご連絡ください。

講座費用 3万円(税別)

継続して絵画教室に参加されている方、年間通信講座、養成講座受講されている方には、割引価格を設定しております。複数名でご参加される場合もご相談ください。

アクリル絵画の描き方 途中

受講者作成作品 途中

アクリル絵画の描き方 完成1

受講者作成作品完成

 

タイトルとURLをコピーしました