龍神

Gallery

秀麗

赤富士と龍神は、共通します。金の龍神様と白龍様の違いはあるのですが、今回の作品は、白く空気のようなエネルギー体としての龍神様が登場します。富士山の美しい朝焼けと上昇するエネルギーは、共に美しく、見る人に豊かなエネルギーを届けてくれるようです。
Gallery

夢で逢いましょう

龍神様のエネルギーは、強いだけでなく、時にやさしく穏やかにわたしたちを包んでくれます。優しいエネルギーに魅かれる人が増えるのはとてもうれしいことです。強いエネルギーには、牽引する力や引き寄せる力がありますが、有無を言わせないものさえあります。力を振るう時代は、もう必要ありません。
2022.04.30
Gallery

創造の歓び

二体の白龍が、風雅に渦を巻きながら、新たなヒカリを育てていくような印象があります。白龍神の作品としては、この時点で最大の龍神の絵です。
2022.04.30
Gallery

龍神パステル絵画 オーダーメイドで描くヒーリングアート

パステル画のオーダーメイドヒーリングアートには、いくつかありますが、龍神様を描くオーダーメイドも開始しております。どなたに向けて描かせていただくのか、対象とする方のお名前とご希望の龍神様の色をお知らせください。龍神様の色を白でご希望の場合、全体の印象としての色をお知らせください。
Gallery

息づくヒカリ

龍神様を正面から見つめることは、一部の方にとって抵抗のあることかもしれません。理由はいろいろあるとは思いますが、ひとつには、自身との対峙という意味では、龍神様との対峙がそのまま自身の心との対峙に合わさるからかもしれません。
Gallery

光龍 ヒカリの龍

光龍、光の龍神を思うとき、光の記憶が呼び起こされてくる。エネルギーは、動き続けるものですから、モノの見方、考え方も動き続けられれば、自由であれば、光と闇の意味の本質が見えてくると思います。固定化された世界観からは、光の本質は見えてこないでしょう。
Gallery

清らかなれ!

『清らかなれ』 清らかなれ! その一声ですべては変わる 本来持つ純粋なエネルギーへと エネルギーは、様々な干渉を受け 多様に変化する 時に、元ある姿とは別のものに変化することさえある それも経験ではあるが 想い出す時は来る 清らかなれ! 龍神のエネル...
2022.01.20
Gallery

龍神、人となりて

龍神様のお姿は、一般的に畏怖を感じるような形で描かれることが多いと思いますが、わたしの描く龍神様は、そのような形で描くことはありません。もちろん、エネルギーの強さから、恐れを感じる方がいるかもしれません。
Gallery

月光浴

「月光浴」に描かれているエネルギーは、その月と白龍神様の癒しのエネルギー。人の心に癒しをもたらしてくれるような、穏やかで優しい愛のヒカリ。月と龍神が共鳴することで生まれる、癒しのエネルギー。癒し、再生し、新たなエネルギーを産み出す力を蓄えます。
Gallery

望めばいつもそこに

龍神様を正面から描くことが少しずつ多くなってきていますが、正面から描くことは、最近でこそ、の事です。龍神様のエネルギーは、正面からまともに受けることで、多くの方の場合、恐怖感や圧迫感、エネルギーとしての圧、を感じてしまうと思います。
龍神

金の龍神

龍神画として描いた作品の金龍神とこの作品の「金の龍神」には違いがもちろん大きな違いがありますが、金色の意味とすると同じことがいえると思います。
龍神

タマシイのガイド

タマシイと魂。わたしは、2つの言葉を違いを持って使うことの方が多くあります。詳細は、下記にも書いたことがあります。魂については、人それぞれの感性の中で理解していくことができると思いますが、タマシイについては、人の体を持つ状態では、理解できない位置にあると考えています。あくまで、わたしの感覚での話です。
Gallery

輝水龍

この記事を書き始めて、昨年、RAINBOW LIGHTで行ったクラウドファンディング、関清水神社の井戸のことが気になりだしました。昨年末に井戸を掘ったのですが、その時はあまり水量がなく、春になったら、見てみますと業者の方に言われていたのです。
Gallery

『水舞』

人が命を繋ぐには、水が必ず必要になります。人は、川から水の恵みをいただきます。その川の源流となるのが、森の奥深く、湧き水や水が集まってくる場所。その場所に、龍神様が祀られています。自然からの恵み、水の大切さを知れば、当然のことだと思われます。
龍神

流れ

この作品の前に描いていた、「清流」、「白水龍」も同じく、水のエネルギーとしての龍神様ですが、実は最初に「清流」の龍神を描き、すぐに手元を離れたので、「白水龍」の龍神、これもすぐに手を離れて、「流れ」を作成した経緯があります。その「流れ」の龍神の絵も今は手元にございませんが、わたしのそばでいつも見守ってくださる、親しみを強く感じているのが、いずれの龍神の絵にも共通する水をイメージする龍神の存在です。
タイトルとURLをコピーしました