龍神

龍神

楽園の守護者

この地球は、愛の星多種多様なエネルギーが存在しながらも調和を保とうとする。わたしたちの一人一人の心が平和を左右するその陰で、わたしたちを守護する存在がある人が目にすることはない。-HIDEKI作:龍神の絵、ヒーリングアート、スピリチュアルアートから
龍神

ヒカリの流れ

HIDEKIの龍神絵画、『ヒカリの流れ』。 ヒカリの流れに乗りたい わたしの本質は、ヒカリを求める  わたしの生まれた場所には ヒカリが満ち、愛が満ち 存在する歓びに満ちている  人であったとしても その記憶は、確かに存在し わたしを勇気づける 更なる輝きを増すために わたしは存在する  
龍神

タマシイに注がれる愛

どんな暗闇にあっても愛は、必ずあなたと共に在ります。 常にあなたを見守り、愛し続けてくれています。 このことは、宇宙的な真実です。龍神様は、わたしたちを常に見守り、わたしたちに愛を送る。龍神様の役割は、存在への愛の貢献
龍神

光明の龍神様

光明の龍神様は、たとえ暗闇の中にあっても、あなたを光に導く龍神さま光の龍神さまがあなた導き、あなた自身がヒカリとなる。全ては、本当はヒカリであることを思い出す。光明の龍神様は、あなたの努力の先で必ず待っている。ただ、あなたが気づくことを見守っています。いつも、ヒカリの方向を指し示してくれます。
2019.12.14
龍神

AXIS

アクリル絵画、龍神の絵であるAXISについてですが、自分軸で生きるということを聞くことがあると思います。自分軸で生きていないと、人の言動に振り回されてしまったり、自分で選択できなくなっていますことがあります。これだけたくさんの情報を簡単に入手できる時代では、情報の取捨選択が非常に重要になります。しかし何が必要で、何が必要でないか、その時にはなかなかわかり得ないものです。
2019.12.02
オーダーメイド絵画

オーダーメイド 龍神

HIDEKIの作品には、大きく分けて墨とカラーがあり、作品からの印象から癒し(ヒーリング)、龍神、天使、神性と分けることができます。総称して、ヒーリングアート、スピリチュアルアートなどいろいろ呼び方はあります。今回ご依頼いただいたのは、「龍神タイプ」です。
龍神

向上の龍神様

緑の龍神様は、向上の龍神様。どんな時もあなたが選んだことに対し、龍神様は、そっと見守ります。あなたが人であることは、あなたが望んだことであり、あなたであろうとすること。あなたであることで向上の龍神様が、見守ってくれるようになるでしょう。
龍神

感謝の龍神様

赤い龍神様は、わたしたちに深い愛を注ぎ続ける。しかし、わたしたちは、その一部しか知り得ない。自らをしっかり見つめることで龍神様の愛の深さは、観えてくる。赤い龍神様の愛の深さは、とどまることを知らない。
龍神

降臨する龍神様

降臨する龍神様は、青い龍神様。幸せを運ぶ龍神というタイトルは、この絵が完成間近になって、受け取ったタイトルです。静かでありながらも、心の奥深くに響いてくるような、安心感。そして、充足感。青は、人の心に安静としてのエネルギーをもたらします。静かに、深く、心地よく。
龍神

未来につなぐ

過去に何があったとしても、そのエネルギーに引っ張られるのは良い選択と言えません。過去は経験であり、その中で生きる必要はありません。未来も同じ。未来に不安を持てばそれは、今この時を不安な未来に続く今として生きることになります。-龍神様のメッセージ
龍神

平安に舞う

龍神の絵:平安に舞う☆心は、見えるものを様々に変化させる。あなたが愛であることを心にとめていれば、見えるものすべては、愛のカタチの一つの現われであることに気づくことができます。
2019.04.05
龍神

愛しい地球

龍神の絵、愛しい地球。この美しい地球を愛する存在は、この世界の行く末を見守り続ける。この世界の美しさが、存続できるよう、愛を送り続ける。愛しい地球に愛を捧げる。 この美しさは、宇宙の歓びでもある。  大好きな地球。 わたしは、ずっと見守ってきた。 そして、やっと地球にやってこられた。
2019.04.03
龍神

龍の如く

龍神は、いつも私たちのそばにいて、愛のエネルギーでわたしたちを守護する。人には、到底理解の及ばぬ、大いなる愛をもって、彼らは存在する。龍神は、人が、愛に戻れるように彼らはいつも待っている。龍神の愛はいつもそばにある。
2019.04.03
スピリチュアルメッセージ

龍神様

龍神。 愛に溢れた、崇高なる存在。 人を我が子のように、愛しく見守り、 時に、厳しく。 存在のバランスを保つため、あらゆる時空間を往来する。 創造のエネルギーを統制する。 人には、見える人、見えない人が存在するが、 それは、人の世界で...
2019.04.03
考え方

龍神の絵

エネルギーとしての龍神様は、わたしにとってはとても心地が良く、我ながら素晴らしい龍神の絵だと感じられるのですが、個展などでいろいろな方に観ていただくと、どうも龍神の絵をそのように感じていただける方は、少ないようで、アクリル絵の具で描かれた龍神の絵に魅かれる方はあまりいませんでした。どのように、龍神の絵を表現するかは、ひとつの課題でもあったのかもしれません。
2019.04.03
タイトルとURLをコピーしました