絵画教室

ヒカリをカタチにする

わからないことが、わかってしまう。

「描ける自分を信頼する」は、今でもとても大切にしていることです。信頼度がブレてしまえば、この直観で描くという描き方では、納得できる感覚の絵が描けないと、はっきりわかります。描けたとしても、そこには描き手としての都合や思い込みが、しっかりと入り込み、描かれた絵のエネルギーに偏りが出てきます。
タイトルとURLをコピーしました