神性

神性

創世の女神

日本で観音菩薩様と言われる神様と言われるような、神聖なヒトガタとなって、アクリル絵画として描き、現れたのが、心の平安なのですが、「創世の女神」は、そのエネルギーもありながらも、どこか少し別の感覚を持ちながら描いたのを記憶しています。
神性

心の平安

心の平安と題された、HIDEKIのヒーリングアート・スピリチュアルアート。心の平安は、自らの内に。平安を得たいと思う気持ち、こころに波風が立つとき湧き上がる思い。人の世界で経験を重ね、歳を重ねていくと心に様々な癖や澱みができることがある。それが、不安や恐怖、憤りさえ引き起こす。そして、心に平安を得たくなる。
2019.04.04
神性

心の聖地

わたしの心は、今ここにあり、その心はどこからきて、いつから存在する? わたしがわたしであると、認識したときに、人としてのわたしが存在する。意識がそのまま、わたしとなる。そして、身体があることを知る。 色即是空。空即是色。カタチある物は、やがてヒカリに帰る。因と縁がこの世にカタチを繋ぎとめる。肉体は、色で。心が空。空とは、何もないということではなく、心であり、意識と言える。心には、カタチがなく、捉えることはできない。
2019.04.03
神性

天からの光

天からの光と題された、HIDEKIのヒーリングアート・スピリチュアルアート。愛の光の中で、わたしたちは自分の選択を味わう。光が届かないと思うのは、自らが閉じているだけ。光はいつもそこにある。光は、その人のエネルギーに呼応する。愛は、共鳴し、宇宙に届く。天からの光は、いつも私たちと共にある。
2018.12.12
タイトルとURLをコピーしました