懐かしいヒカリ

紫色白龍神 画像 Gallery

白龍神 紫色の光に包まれて

『懐かしいヒカリ』

 

癒し、育て、愛を注いでくれる場所

愛と慈愛に満ち、

わたしがわたしであることを愛で包んでくれる

 

何をするでもなく、どこに行くでもなく

ただ存在することに、歓びを感じられる

愛と光に満ちた懐かしいヒカリ

 

白き龍が、わたしを導き

想い出させてくれる

 

紫のエネルギーを纏い

優しく愛で包み、その場所へ導く

 

懐かしいヒカリは、いつもそばにある

☆作品データ☆

タイトル

素材

原画サイズ

作成

作品属性 

懐かしいヒカリ

紙にアクリル絵具他

A3(420×297mm)

2020年

龍神

ヒーリングアート・龍神様の原画をご希望の方は、絵画 注文フォームにて、タイトルをご記入の上、ご注文願います。
在庫の有無を確認の上、価格等ご連絡差し上げます。
原画販売済みでも作品によっては、再制作することも可能です。

紫色白龍神

紫色の光を纏った白龍神

こんなことをお求めの方に

導き
守護

癒し



故郷

お薦めの絵画設置場所

寝室。玄関。リビング。子供部屋。リビング。玄関。
病院。ヒーリングルーム。カウンセリングルーム。

紫色白龍神

紫色の癒しの光

印象としての紫色。

癒し。高貴。豊かさ。スピリチュアル。融合。
紫色には、様々なエネルギーが含まれています。

一番わかりやすいのは、癒しでしょうか。

紫色には、人の心に余裕や豊かさ、気品としてのエネルギーを強化してくれるように思っています。

赤と青の混色が紫となりますが、そのことは、男性性と女性性の融合も意味します。二元性の融合という意味合いにも取れますね。

この作品の色から見てみると、紫に白、全体には青の印象もあります。

この配色は、意図して配色を考えて作成しているのではなく、進めているうちにこのような色に仕上がったというものですが、あとから様々な視点で感じ見るといろいろな面が見えてきます。配色は、その一つの視点です。

紫は先に挙げた意味合いがありますが、白には、高貴、純粋、純潔、無垢などの意味合いがあります。青には、静、豊かさ、厳しさ、凛、など整った強さようなエネルギーがあります。

これらの色が融合し出来上がった作品。

観る方によって印象は違うとは思いますが、配色から理解すれば、その印象は、安寧のなかの純粋な魂、そんな印象でに見えてきます。

見え方、印象は人それぞれです。

紫色白龍神

龍神の絵 ヒーリングアート 懐かしいヒカリ 風水画 太子額装ジクレーアート | ヒーリングアート販売 HYM PLANET powered by BASE
HIDEKIの描く、ヒーリングアート・スピリチュアルアートを中心とした、ヒーリングアート・スピリチュアルアート販売ショップです。HIDEKIの描く、ヒーリングアート・スピリチュアルアートは、HIDEKIの言葉で表現すると、エッセンシャルアートとなります。それは、「本質とは?」の問いかけから生まれる、今まで目にすることの...
タイトルとURLをコピーしました