真名井

真名井の龍神様 龍神

『真名井

 

水は、地球からの愛

 

その純粋な愛を一身に受け生きるのがわたしたち

 

その愛なしでは生きられない

 

 

わたしたちの環境は、

 

ある意味、わたしたち自身が創る

 

生きにくいも、生きやすいも

 

人それぞれに委ねられている

 

 

雄大な愛の元

 

わたしたちは、選び取る

 

 

愛に純粋であること

 

それこそがわたしの望むこと

 

 

できる限り、精一杯の愛でありたい

 

作品データ☆龍神様の絵-『真名井』

作品データ☆

タイトル

素材

原画サイズ

原画販売

作成

作品属性

HYMジクレー

真名井

紙にアクリル絵具他

10P(410×530mm)

2019.06

龍神

太子サイズ(調整アート入)

原画のご購入は、絵画 注文フォームにて、タイトルをご記入の上、ご注文願います。
送料無料、マット付額装にてお届けいたします。

絵画の設置場所のヒント

☆こんな方に

清浄
浄化
自信がない
定まらない
自己啓発

☆お薦めの絵画設置場所

寝室。玄関。リビング。子供部屋。リビング。玄関。仕事部屋。
保育園。幼稚園。病院。ヒーリングルーム。カウンセリングルーム。

真名井の意味

真名井とは、奇麗な水に付けられる名称では最高の敬称なのだそうです。真名井という言葉を聞いたことはありましたが、意味は今まで知りませんでした。

日本書紀の中に以下の記述があります。(※古代史獺祭より引用)

於是 天照大神 乃索取素戔嗚尊十握劒 打折爲三段 濯於天眞名井 然咀嚼 【然咀嚼 此云佐我彌爾加武】 而吹棄氣噴之狹霧 【吹棄氣噴之狹霧 此云浮枳于都伊浮岐能佐擬理】 所生神 號曰田心姫 次湍津姫 次市杵嶋姫 凡三女矣

天の真名井が出てきます。

内容は、アマテラスオオミカミとスサノオノミコトの間で交わされる、宇気比と言われる誓約についての内容です。少し違いますが、古事記にも出てきます。

この時、スサノオノミコトの持つ、十拳剣「とつかのつるぎ」を清めるために使う水が、天の真名井となっています。そして、アマテラスオオミカミが十拳剣をかみ砕き生まれるのが、「田心姫(タゴリヒメ)」、中津宮の「湍津姫(タギツヒメ)」、「市杵島姫(イチキシマヒメ)」です。

宗像三女神として、福岡県宗像市にある宗像大社を総本宮として、お祀りされています。

宗像三女神の神生みの際に使われたのが、天の真名井なのですね。
知りませんでした。

最近、宗像三女神がとても気になっています。
いろいろな場面でよく出てくるのです。

 

真名井の龍神様

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました