慈愛

慈しみの愛、慈愛というヒーリングアートの画像 神性

『慈愛』

人が創る、人の社会。

人は、そこで生きている。

いろいろなことを感じ、考え、体験し、

笑い、歓び、時に嘆き、悲しむ。

 

心は、人としての経験を積むことで、変化する。

見方によるが、良くも悪くも変化する。

 

現実に縛られながら、生きることも、

現実から逃避、達観しながら生きることもある。

 

人は、限界を超えると、心が別の世界に移行し始める。

達観し、物事を見られるようになる。

それは、心の作用。

心は、おおらかになり、精いっぱいの努力と天に委ねる気持ちが共存を始める。

そこには、慈愛のエネルギーが育ち始めている。

作品データ☆

タイトル素材

原画サイズ

原画販売

作成

作品属性

HYMジクレー

天使たちの祝福紙にアクリル絵具他

10P(410×530mm)

200,000円(税別)

2017

神性

太子サイズ(調整アート入)  A4サイズ

原画のご購入は、絵画 注文フォームにて、タイトルをご記入の上、ご注文願います。
送料無料、マット付額装にてお届けいたします。

こんな方・場所におススメ☆

精神的な自立。
精神的な成長。
教師。
人に教える立場の方。
指導者。
困難の最中にある。
困難を乗り越えたい。
自分を愛したい人。
型にはまり易い。

子どものいる場所。保育園。学童施設。教室。
瞑想室。神聖な場所。
ヒーリングサロン。アロマサロン。ヒーリングスペース。

作品解説

2017年に作成。洋紙にアクリル水彩他。作品カテゴリ―「神性」

人は、限りなく愛に向かい成長します。
人の苦しみを知れば知るほどに愛も深くなれます。
しかし、一方では、情も深くなることがあります。

慈しむは、一般的に目下のものや、弱者に対して使われる言葉です。
草木の芽生えることに対する心を、慈しむと書きます。

子に対する親の愛ともたとえられるかもしれません。

 

愛は、本来厳しいものです。

愛で接することが、その人にとって厳しすぎることがあります。

情があることで、その愛が緩やかに相手に伝わることがあります。

母の愛は、愛情として表現されることが多くあります。
子を慈しむ、愛。

それは、子供にとってとても心地よいもの。
安らぎを感じるエネルギー。
それが、母であっても、父であっても、
慈しみの愛は、心に安心を持たれせてくれます。

子どもであっても、大人であっても

慈しみの愛が十分に必要な時があります。

若き心には、慈しみの愛が必要です。

 

『慈愛』【神性】太子サイズ 額入 ヒーリングアート | ヒーリングアート販売:MALU Selection powered by BASE
お気に入りの絵を飾ることで、人の心にさりげなく豊かさを取り入れてもらうことが可能です。空間を、こころを豊かにすることができます。 ・個人宅で言えば、玄関、リビング、客室、寝室、トイレ、廊下、階段ホール、飾り棚、トイレ、家具の上、絵を飾る場所はインテリアとしていろいろなシーンが考えられます。

 

他の「神性」作品

神性

神的なエネルギーを持つ絵画

 

タイトルとURLをコピーしました