考え方

ヒカリの肖像画

HIDEKIの感覚世界~ヒカリの肖像画

ヒカリの肖像画は、HIDEKIを通して描かれる、人のヒカリをカタチにした作品です。人の奥底、ヒカリの姿は、誰もが美しく、多様性に満ちています。その一面を描いたものが、ヒカリの肖像画です。
2019.07.22
考え方

アートという波動

物質は、量子の集合体です。量子には、粒の状態であり、波の状態でもあるという、二重性の世界です。わたしたちは、目に見えるものに価値観に思いを置く文化に生きていますから、どちらか言うと、物質は、原子からできているという、原子論を無意識的に選択していることが多くあります。粒の状態だけを意識しがちなモノの見方をしています。
考え方

わからないことが、わかってしまう。

「描ける自分を信頼する」は、今でもとても大切にしていることです。信頼度がブレてしまえば、この直観で描くという描き方では、納得できる感覚の絵が描けないと、はっきりわかります。描けたとしても、そこには描き手としての都合や思い込みが、しっかりと入り込み、描かれた絵のエネルギーに偏りが出てきます。
考え方

癒しとヒーリングアート

癒し、ヒーリングアートという言葉がありますが、癒し、ヒーリングされたと感じることは、人によってさまざまに違います。人が癒し、ヒーリングを欲しがるときは、その人に本来の状態でない状態がある、つまりどこかエネルギーの欠落やゆがみがあり、そこに不快感を感じ、そのエネルギーを補完、補修したいときに癒されたい、ヒーリングされたいと感じるのだと思います。ヒーリングアートは、エネルギーの補完、補修に貢献します。
2019.04.03
考え方

「生きる」を考えてみる

世界は自分の目を通して、心を通して感知されます。自分の物差しで、自分の目に映るものの意味を自分で与えます。という事は、わたしだけのプライベートな世界。必要なものを必要なだけ見て、感じて、理解し、取り込んでいきます。その時必要ないものの意味は、理解しようとしません。存在する事さえ気づかないものです。わたしは世界。世界はわたし。
2019.04.03
考え方

全惑星順行と惑星直列

今まであまり気にすることはなかったのですが、惑星直列の意味、全惑星順行の意味、天体の動きに関することが気になりました。期間が、アメリカ大統領就任の日に被さるからかもしれません。

全惑星順行と惑星直列が、地球に直接的な影響があるということは、「ない」というのが一般的で、間近に発生した天災や衝撃的なことに結びつけている印象があり、厳密に一直線になるということはなく、惑星直列と言われている誤差にはかなりの幅だあります。ただ、天体ショーとしてや創作物語的な部分で扱われることがあるようですね。

2019.04.03
考え方

龍神の絵

エネルギーとしての龍神様は、わたしにとってはとても心地が良く、我ながら素晴らしい龍神の絵だと感じられるのですが、個展などでいろいろな方に観ていただくと、どうも龍神の絵をそのように感じていただける方は、少ないようで、アクリル絵の具で描かれた龍神の絵に魅かれる方はあまりいませんでした。どのように、龍神の絵を表現するかは、ひとつの課題でもあったのかもしれません。
2019.04.03
考え方

三種の神器の意味、鏡・勾玉・剣の意味

遠い昔、神話の話、天孫であるニニギノミコトが天照大御神の神勅を受け、天降るときに授けられた、鏡・玉・剣を三種の神器と言われるそうです。三種の神器の意味は、様々に解釈されるようで、皇位継承の象徴で皇室特有のものとする解釈や支配者の象徴であるという解釈など、その意味は定かではないようです。確かなことは、三種の神器それぞれが、神霊が宿る、神聖なものとされていることです。
2018.11.30
考え方

見えないヒカリの存在との共同作業

通常、人が何かの表現をするとき、こうしたい、こうありたいとか表現者が出来上がりにイメージを抱きながら、表現をすると思いますが、わたしの場合、タイトルを決めて描く場合、表現するエネルギーの系の方向を意志して描く場合、「今、必要な絵を描く」と意識した上で描く場合など、おおよその描く方向性を決めた上で、前述の方法で描き進めていきます。例えると、「ぐっと握って、パッと放す」感じです。途中で何を描いていたか忘れることもしばしば。そんな時は、もう一度、タイトルや意識の方向に注意を向け直します。
考え方

72・タマシイのサイクル

人の使用してきた暦には、様々な物があります。今世界的に汎用しているのは、グレゴリオ暦ですが、月暦、太陽暦、太陰暦、二十四節気、マヤ暦など様々な思いで使われる方々もいます。ここで紹介するのは、タマシイのサイクルである72のサイクルです。
2018.10.19
考え方

ナチュラルスピリット StarPeople 寄稿文

スピリチュアル系と呼ばれる方々には、他をヒーリングすることが自らのヒーリングとなる方が多くいます。その意味は、エネルギーの放出、循環を行えるということになります。ヒーリングアートに関して言えば、どのようなアートにしろ、ある方にとってヒーリングという感覚が起きればそれがヒーリングアートということになるのではないかと思います。前述のアートは人の行為によるものということから、わたしにとってヒーリングアートとしては、様々なことが挙げられます。
2018.10.18
考え方

内なるハートのクリスタル

わたしたちの生きている地球上の主な元素として、 酸素に次いで二番目に多い元素である珪素を主成分とするクリスタル。 クリスタルは、わたしたちの生活と非常に密接した関係を持っています。 珪素は、Siの元素記号で表されていますが、珪素を含むものは、わたしたちの周りにたくさんあります。ガラス、シリ...
タイトルとURLをコピーしました