共鳴する愛

 

誰にもいろんな側面があります。

個性。

その個性は、自分が自分であることの証。

だから、その個性は、大切にしたい。

否定されてしまうことは、悲しい事。

自分が自分でなくなっていくこと。

個性は活かされるべきで、否定されるべきではありません。

 

あこがれは、個性としての可能性を広げていき、

誰かになること、何かになることではありません。

 

どんな人の個性にも、その中心には愛がある。

それは、全ての存在に共通することです。

わたしたちは、愛からできています。

 

共鳴は、同じ周波数で引き合うこと以外にもさまざまなバリエーションがあります。

正反対であったり、ちょっとやそっとでは思いつかないものさえあります。

しかし、基本は、愛の共鳴です。

 

魂の奥底で何かを意志するとき、

その意志に連動して、様々なことが共鳴します。

顕在意識に反して、辛い状況が引き寄せられることがあります。

それは、魂の奥底での意志。

辛い状況でどのような行動を起こすか?

人として生きる上での課題ということもできます。

課題をクリアすれば、愛のエネルギーが増幅します。

そして、共鳴する領域が広がっていきます。

 

どんなにつらくても、その奥底には愛の共鳴があります。

現状がどんなにつらくても、

それは自らが魂の深いところで意志する事に対する、結果的な現象と言えます。

その意志に共鳴する愛。

感情を持つ人にとって、愛は、時に厳しく、辛くも感じます。

しかし、タマシイにとっては、常に当たり前のこと。

 

わたしたちは、常に愛と共鳴して存在しています。

 

人には、感情があるから、愛の真実が見えにくくなることがあります。

感情に振り回されることなく、

感情を持つこと、そして、その感情の変化を楽しめるのがいいですね。

感情の波は、乗りこなせると素晴らしい人生となります。

自分の中心にある愛が、どんどん大きくなっていきます。

 

愛の共鳴に何が起こるのか、

自分自身を俯瞰してみると少しずつ見えてきます。

 

わたしたちは、常に愛に共鳴しています。

今日も、明日も、永遠に。

 

共鳴する愛:ヒーリングスピリチュアルアート

72タマシイのサイクル 3/12

2  2nd cycle 6-20-28-15

 *72-6-4

   06
 00   00
   04
 06   06
   01

  *6×12 72(タマシイ)×5
 1    4th  
 MATRIX 21・22

*10×2 20(太陽)×13
  10 1    5th

*7×4 28(月)×13
 7 0 0 0  4th

*15(二十四節気)×24
 1    7th

*3/24

 

※タマシイのサイクルをもっと詳しく

※タマシイのサイクル一覧表