月と太陽と宇宙

20170622 ヒーリングアート&メッセージ スピリチュアルメッセージ

 

人の世界という、エネルギーの変遷の中に生きる、人としてのわたし。

 

どの意識層で生きるかということは、わたしにとっての重要なこと。

 

意識層は、選択でもあるが、人それぞれに選択の幅がある。

望むところに行けるわけでなく、そこには段階が存在する。

ある段階でのエネルギーが満ちたとき、新たな扉が開かれる。

行くも戻るも、留まるも選択次第。

 

この世界の一般では、意識層のことは、宗教の世界で言われることもあるが、

精神世界での思い込みの世界での話であって、現実的でないと思われがち。

なにしろ、見えない心の話ですから。

 

人は、心があり、様々な考え、思いを生み出している。

人が人であるのは、心があるから。

その心を脇に置いて、毎日の生活を送ってはいないか?

心は、人にとって、最も大切なことであるはずなのに、

生活をするために日々過ごす。

そしてある時、心の声に立ち止まる。

「これでいいの?」

 

毎日しなければいけないと思っていることは、たくさんある。

仕事、家事、子育て、人の生活は忙しい。

現実面での行動が、心にしっかり結びついていれば、

心を置いてきぼりにしなければ、

宗教で言う、悟りが開けることにつながります。

 

心の満足は、どの方向にあるでしょうか。

 

心を置いてきぼりにせず、

月と太陽と宇宙につながりながら生きれば、心は満足します。

人は、宇宙から切り離されることはありません。

人には、本能としての機能もあります。

感情としての傾向もあります。

でも、素直な心で生きることで、生を存分に味わえます。

心は満足します。生きることに満足できます。

誰に言い訳をする必要はありません。

 

 

【広告】



コメント

タイトルとURLをコピーしました