SEED

スピリチュアルメッセージ

 

種(タネ)には、壮大なプログラムが宿る。

発芽する直前、直後には、

様々なエネルギーがカタチを現すために、現象化する。

そのカタチの現れもプログラム。

ある一定の方向に向けて、エネルギーが発動すると、

エネルギーは、様々な共鳴を起こし、カタチ化まで行う。

 

種子には、その種が成長するに必要な、

地図ともいえる未来図がプログラムされているが、

そのマップに従い、カタチは成長する。

これは、カタチの成長としてのプログラムマップであるが、

成長の仕方に一定の方向はあるが、

成長の過程でどのような環境で育つかが、カタチの成長に大きく影響する。

 

人で例えれば、やはり同じでカタチの成長は、遺伝子にプログラムされてはいるが、

環境でどのような成長を遂げるかは、人それぞれ。

 

人の心には、プログラムはあるのか?

 

心の成長にもプログラムはあり、

大まかな成長の方向性はプログラムされている。

 

あることが起きたときの選択、つまり、事が起きたときの心の変化、

変化の先は傾向としての予定はあるが、その時の意志で変更はできる。

この積み重ねがあり、心は成長する。

 

選択には自由があり、自らの心の声が届かなければ、

プログラム通りいくことは少ない。

傾向性がプログラムに勝ることが多い。

心が環境に影響されることも大きな要因。

 

プログラムの先に行くこともできる。

今なら、宇宙のサイクルの波がある。

波に乗れれば、タマシイのプログラムを超えることもできる。

 

心のプログラムを精いっぱい生き、

その先を楽しんでみよう!

 

【広告】

コメント

タイトルとURLをコピーしました