龍神様

 

龍神。

愛に溢れた、崇高なる存在。

人を我が子のように、愛しく見守り、

時に、厳しく。

 

存在のバランスを保つため、あらゆる時空間を往来する。

創造のエネルギーを統制する。

 

人には、見える人、見えない人が存在するが、

それは、人の世界でのこと。

存在はいつでも感じ取ることができるほどに、

人の存在に密接にかかわり続ける。

 

龍のエネルギーを内包している人は、存在する。

 

龍の創造のエネルギーは、

人の次元で違う域の創造のエネルギーとなり、

人の世界をカタチ創る。

 

次元が変われば、エネルギーの質も変わり、

龍の創造のエネルギーは、強固なものから、

様々なエネルギーが交わる結果、

揺らぎやすい、変化しやすい質へとなる。

 

しかし、それもやがて、時空間を経ながら、

強固なものへと確立していく。

そして、多様性の一つの系へと、変わっていく。

あるものは、なくなり、あるものは変化し続ける。

 

存在の質は様々にある。

極小から極大まで、

どちらの方向にも存在は、無限と言っていいほどにある。

そこには、いつも龍神の存在がある。

 

人の一生は、短くもあり、長くもある。

限りはあるが、どの域で生きるかによって、

時間の流れは、緩急する。

 

人としての存在の意味は、人には謎。

生きている、生かされているから、

どう生きるかが、重要になる。

 

どう生きるかによって、

人としての認識で、出会える存在の質も変化する。

 

どう生きても、龍神はわたしたちを見守り続ける。