過去と未来に大きく広がる時と空間。

 

わたしたちは、今この時を生きる。

 

過去を変えられないことは、誰しもわかっている。

 

未来は、様々な可能性を大きく持っていることは、

多くの人が知っている。

 

 

過去と現在と未来。

 

わたしたちが今を自覚するとき、

 

それは、過去を振り返り、未来を視野に自覚する。

 

今を大切に生きる。

 

このことは、過去と未来が密接に関係すること。

 

 

今この時に焦点を合わせたときに、そこには過去と未来がある。

 

過去という収穫と、未来という種まき。

 

 

雄大な時空の流れの中で、過去に僅かな「ズレ」が起きたとき、

 

そのズレは、人の感性では感知できなくなることがある。

 

人の世界では、人の集合意識の流れがけん引役となりカタチを創る。

 

小さなズレが折り重っても、その流れに身を置いていれば、

 

それは、ズレではなくなる。

 

 

わたしに軸があるとき、どんな時空にあったとしても、

そのズレは、かすかな感覚としての違和感が存在する。

 

そのとき、わたしはどうするか?

 

わたしの世界で、

わたしに素直にズレを修正することになる。

※ラインアートのダウンロード販売

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA