ほんの少しのこと

ほんの少しのこと

わたしたち人の姿は、宇宙から見たら、どのような存在なのでしょうか?
天の川銀河の端っこの太陽系の地球。
地球の表面にいる人。

人は、日々、時間や生活、仕事、やるべきことに追われて、歳を重ねていく。
人の生活には、多様なスタイル、出来事がある。
その姿は、私たちにとっての日常の姿。
その姿以外は、ないのでしょうか?

それぞれの人にとって、自分の身に起きたことがすべて。
それ以外の何ものでもなく、それが真実と感じる。

ある時、人としての世界とは違う何かを感じることがある。
この感覚は何なのだろう?
立ち止まり、振り返り、見回してみても何も感じない。
あの感覚は、何だったのだろう?

遠い昔から、この感覚に気づき、歩みを進めた人がいる。
通常では見えない世界を進むことで、あるとき気がつく。

世界は、わたしの外にあるのでなく、
わたしの内にあったのだ、と。
そして、宇宙と出逢う。

 

Just a few things

If we see the form of the person from the universe, what kind of existence is it?
The earth in the solar system at the sides in the Milky Way galaxy.
Person necessary for a global outside.

I’m being run after in should send a person to time, a life and work every day and am repeating the year.
There are various styles and affairs in person’s life.
The form of the daily life by which its form is for us.
Isn’t there anything but its form?

It’s everything that it has occurred to its body for the respective people.
I find that, not which thing besides that to be true.

When having that, it’s felt different what the world as a person is.
What is this sense?
Even if I’ll stop and look back and looks around, nothing is felt.
What would that sense be?

There is a person who noticed this sense from the far past and advanced steps.
When having that by advancing the world which isn’t seen in usual, I notice.

The world isn’t outside me, but.
Among me, that it looked good.
And I go out with the universe and meet.

 

 

【広告】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA