宇宙のサイクルに乗る

宇宙のサイクルに乗る

根底の仕組みは、変わらずとも、
それぞれの世界の仕組みは、
少しずつ変化する。

変化は歓迎すべきこと。
雨降って、地固まる。

個人の変化は、
根底の流れに影響されるものでもあり、
根底は、宇宙のサイクル。
宇宙のサイクルに乗れれば、変化は加速する。

個は、全体の中の個であり、
個は、全体であり得る。

仕組みが揺らぐとき、
その振動は、全体に影響するが、
その全体性を感じ取れられなければ、
振り回される。

個としての自立、
宇宙との共鳴域を持たねば、
不安、恐怖は、増長しやすいものである。

 

Take a space cycle.

 

That mechanism of the root doesn’t change.
Mechanism of the respective worlds?
It changes a little.

The thing a change should welcome.
A place gathers round a rainy day.

A personal change?
You also influence a flow of the root.
The root is a space cycle.
When you can take a space cycle, a change is accelerated.

An individual is an individual in the whole.
An individual can be the whole.

When mechanism is shaken.
The vibration influences the whole.
The whole is felt, and it has to be able to come.
It’s twisted.

Independence as an individual.
I have to have a sympathy area with the universe.
Anxiety and fear tend to grow impudent.

 

【広告】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA