劇的な変容

劇的な変容

劇的な変容を遂げる瞬間がある。
その瞬間は、長きに渡り準備されたもの。

変容のタイミングは、偶然ではなく、必然。

変容の時を迎えていても、
準備ができていないこともある。
そのときは、また今度。

環境としての宇宙の流れに乗れば、
あなたの時空の変容は、より軽やかになる。

変容は誰もが望むものではなく、
変容の時に満たない存在にとっては、
その瞬間は、拒絶の対象でしかない。
劇的な変容となれば、
拒絶のほどは想像に易い。
でも、変わらないものはない。
変化を楽しもう。
Dramatic change

There is moment when I undergo a dramatic transfiguration.
The one which was introduced into chief putting at the moment and prepared.

It isn’t accidental and is necessary at the timing of change.

Even if it’s met at change.
I’m not ready.
This time.

When I take a space flow as the environment.
Your spatiotemporal change becomes lighter.

No one wishes for change.
It was filled at change, for the existence I don’t have.
The moment isn’t a target of refusal.
When it’s dramatic change.
It’s easy in imagination as refusal.
But there is nothing which doesn’t change.
I’ll enjoy a change.

 

 

【広告】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA