我想う故に我在り

我想う故に我在り

 

わたしがわたしと思うとき、

あなたが自身のことを思うとき、

わたしは確かに存在し、あなたは確かに存在する。
わたしが世界を見るとき、世界は存在する。

私の見る世界と他者の見る世界の別は、当たり前に存在する。

世界は、常に存在するが、共通するのはカタチ。

カタチに意味を与えるのは、

ワタシであり、アナタである。
思考を始めるとき、複雑な構造が見え始める。

愛と意志の力は、壮大で「存在する」と想えば、一瞬のうちに「存在する」。

「存在」を思考するとき、その構造は途方もなく複雑に見える。

愛の叡智が紐解かれるとき、その仕組みのシンプルさに心躍る。

世界は私が思うように存在し、本質的な生命の歓びを楽しむことができる。

存在は、愛の結晶であり、思考は愛のおおらかさに気づくひとつの方法である。

 


I think, therefore there am me.

 

I'm I, just as, I come.

When you think of yourself.

I exist certainly and you exist certainly.
When I see the world, the world exists.

The world I see and according to the world others see exist of course.

The world always exists, it's the shape to be common.

To give the meaning to the shape?

It's I and is you.
When beginning thought, I begin to see the complicated structure.

Being magnificent and when thinking "It exists.", the power of the love and the will "exists" over the moment.

When considering "existence", its structure looks complicated without a direction.

When the intelligence of the love is read, a heart jumps for simplicity of the mechanism.

It's possible to exist and enjoy gladness of the essential life so that I may think of the world.

Existence is a crystal of love and thought is one way to notice easy-going of the love.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA