輪廻の渦にも心地よさがある

輪廻の渦にも心地よさがある

ひとつ世界が飽和に達した時、
新たなエネルギーの介入が始まる。
それは、その世界が望むこと。

どんなに世界が強固であっても
どこにエネルギーを掛ければ、変化するか
その介入は、ポイントを知っている。

世界の軸は、その介入でバランスを失い、
新たな軸を見つけるまで激動する。

変化を好まぬ存在は多くいるが、
それは世界の総意。

新たな軸を世界が見つけた時、
全てが全く今までとは違うかもしれない。
水の流れは止まれば、やがて腐っていく。
変わらぬものはない。

輪廻の渦は、常にあなたを飲み込もうとする。
輪廻の渦にも心地よさがある。
抜け出すことが正しいとは限らない。

どうするのかはあなた次第。

 

 

Comfort is in the whirlpool of the samsara
When the one world reached saturation,
Intervention of the new energy begins.
The world overlook it.

Even if the world is very strong
Where do you change if you take energy?
The intervention knows the change point.

The world axis loses balance by the intervention,
I am excited until I find a new axis.

There is a lot of existence not to like changes,
It is the general will of the world.

When the world found a new axis,
All may be different quite so far.

The descent from water rots before long if it stops.
There is not the thing which does not change.

Whirlpools of the samsara are going to always swallow you.
Comfort is in the whirlpool of the samsara.
It may not be right to get away.

What would do on you?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA